銀座カラーの事前処理の剃り残しへの対応は?

全身脱毛を行っているサロンでは、施術の前日にシェービングなどの事前処理をお願いしています。これは、脱毛の効果を高めるためと、やけどなどの肌トラブルを防ぐために、どのサロンでも行われていることです。銀座カラーの施術にも同じように事前処理は必要です。では、この事前処理を忘れたり、剃り残しがあった場合はどうなのでしょうか。

施術の事前処理を忘れた場合

銀座カラーの施術の事前処理は必ず行わなければいけません、この事前処理を忘れてしまうと、その箇所だけ外しての施術となるので、脱毛が大幅に遅れてしまうことになります。また、銀座カラーでは無料や有料にかかわらず、シェービングサービスを一切行っていないので、注意が必要です、うっかり忘れたままサロンに行ってしまうと、施術を全く受けられないこともあります。

剃り残しへの対応

事前処理を行ったけれども、うまく処理しきれず、剃り残しがある場合はよくあることだと思います。このような場合、銀座カラーはシェービングサービスを行っていないので、剃り残しがある箇所だけ外した状態で施術を行います。その部分だけ脱毛が遅れてしまうことになるので、事前処理は何回かチェックを行い、剃り残しがないようにしましょう。

自己処理対象外の箇所がある

銀座カラーの全身脱毛には、自己処理対象外の箇所があります。背中やVIOラインなど、手が届かない場所や自己処理しづらい場所は対象外となっています。この対象外の箇所に限り、電気シェーバーなどを持参すれば、スタッフがシェービングを行ってくれます。この箇所に施術を受ける日は、忘れず電気シェーバーを持参するようにしましょう。

銀座カラーの施術は事前処理が必須

銀座カラーは無料、有料問わず、シェービングサービスを行っていないので、施術の事前処理を忘れると、その箇所への施術ができなくなります。また、剃り残しがあった場合も、その箇所には施術が行えないので、脱毛が遅れる原因になってしまいます。銀座カラーの施術には、事前処理は必須事項です。

全身脱毛安全ガイドTOPへ